【コンロキャビネット】

フライパン立て

コンロキャビネットに、フライパンを横に寝かせて収納しているお宅が多いのではないでしょうか? でも、それだと使うたびにいちいち上のフライパンをどかしたりなど、出し入れに手間がかかります。
そこでクリナップでは、引出しオプションパーツのフライパン立てをご用意。立てて収納することで、場所を取らず収納できるうえ、出し入れも手軽に。取手が手の届きやすい位置にくるのでサッと取り出せます。

横置きにすると場所を取ってしまうフライパン。取手の部分が邪魔をして、ほかの収納物が取り出しづらくなってしまいます。

フライパン立ては、コンロキャビネットのサイドギャラリーに設置。ワンアクションで取り出せて、調理時間の短縮につながります。


レードルポケット+クロスギャラリー

泡立て器やレードル、トングなど背の高い調理器具を、ついつい鍋の上などに置いたりしていませんか? それだと重なって取り出しづらく、鍋を使うときはいちいちどかすので面倒ですね。
レードルポケットがあれば、深さがあって立てやすいのでレードル類をスッキリと収納できます。キャビネットの手前側に配置すれば、調理中でもスムーズに取り出せます。レードルポケットを複数使って油などの使用頻度の高いものを一緒に収納すると、さらに便利にお使いいただけます。

泡立て器やレードル、トングなどの調理器具が雑多に収納されています。これでは取り出しづらく、キャビネットの開閉時にレードル類が引っかかってしまう恐れも。

レードルポケットは、クロスギャラリーに引っかけて設置。このクロスギャラリーも、扉との隙間に鍋つかみや鍋フタを収納するなどして、便利にお使いいただけます。


【引出しキャビネット】

タテ収納ポケット

ラップやレードル類の置き場所、お困りではありませんか? これらは幅があるため、寝かせて収納するとどうしてもかさばってしまいます。
こんなお悩みを解消するために、クリナップではタテ収納ポケットをオススメしています。レードル類、ラップ類を立てて収納できるのでかさばらず、引出しをちょっと引くだけですぐに取り出せます。

いろんなものが雑然としていて、どこに何があるのか判別しづらく不便。食品類の在庫数も分かりづらく、買い過ぎにもつながります。

タテ収納ポケットは細長いものの収納に便利。クロスギャラリーと組み合わせ、飲料水や調味料類を整理し、ストック食品を整理しました。


ボトル立て+クロスギャラリー

ベースキャビネットに調味料や飲料水など、消耗品を収納しているお宅は多いかと思います。しかし、奥のほうにしまって使われないままだったり、買い足しすぎて使い切れない……そんなことはありませんか?
そこで便利なのが、ボトル立て。ボトルのサイズに合わせて調整できる仕切りがついているので、色々なボトルがぴったりと収まりキレイに収納できます。さらにクロスギャラリーの併用もオススメです。調味料を入れるビンやパスタの容器など、細かく区切って収納しましょう。あらかじめものの定位置を決めておくと、探し物が減って片付けもしやすくなります。

ボトル類をそのまま収納してしまうと、開閉時に倒れてしまうことも。特にガラス製のボトルやビンは、破損の恐れがあり危険です。

同じ種類のボトルは並べて端から順番に使い、「ひとつ使ったらひとつ補充する」ようにすると、消耗品の買い過ぎや持ち過ぎを防止できます。