ビルトイン浄水器の場合

[手順-1]
水栓のレバーハンドルを閉じ、
カートリッジを引き出します

水漏れの原因となりますので、必ず水を止めてから交換します。シンク下カートリッジを受け皿より外し、手前に引き出します。その際、わずかに水漏れする場合がありますので、事前に洗面器もしくはタオルをおいてください。



[手順-2]
スライドリングに指をかけて
引き上げ、ワンタッチジョイントを
取り外します

スライドリング(灰色)に指をかけて引き上げ、ワンタッチジョイントをカートリッジより取り外します。その後、同様にスライドリング(緑)のワンタッチジョイントも取り外します。
取り外しは、灰色→緑色の順番を必ずお守りください。



[手順-3]
新しいカートリッジを
接続します

新しい交換用カートリッジのプラグ先端の保護キャップを2つとも外し、緑色、灰色のシールとスライドリングの色を合わせて接続します。
接続は、緑色→灰色の順番を必ずお守りください。



[手順-4]
通水して水漏れがないか
確認します

水栓のレバーハンドルを開き、通水します。接続部からの水漏れがないかご確認ください。浄水の水切れをよくするため、浄水を流しながらカートリッジを2、3回逆さにしてカートリッジ内の空気を抜いてください。
通水が確認できましたら、ホースが折れ曲がったりねじれないように、カートリッジを受け皿に戻します。
カートリッジ交換後、はじめて浄水をご使用の際は、浄水を1分以上流したあとでお使いください。



還元水素水生成器/アルカリイオン整水器の場合

[手順-1]
水を止め、カバーを外し、
カートリッジを取り出します。

水が止まっていることを確認し、本体カバーを外します。
カートリッジ上部を押しながら手前に引き、上に引き出すようにして外します。必ず受け皿と一緒に外すようにしてください。カートリッジを外すとき、本体を横に倒さないようご注意ください。



[手順-2]
新しいカートリッジを
取り付けます。

水が止まっていることを確認し、本体カバーを外します。
カートリッジ上部を押しながら手前に引き、上に引き出すようにして外します。必ず受け皿と一緒に外すようにしてください。カートリッジを外すとき、本体を横に倒さないようご注意ください。



[手順-3]
リセットを行い、
浄水を流します。

リセット操作を行います。機種により操作方法が異なりますのでご注意ください。リセットが完了したら、浄水を約5分間流します。
※リセット方法については、取扱説明書にてご確認ください。



[手順-4]
バーを取り付けます。

水漏れがないことを確認したら、カバーを取り付けます。取り付け時、カバーのつめが確実に入っていることをご確認ください。



浄水器一体型シングル水栓の場合

[手順-1]
水を止め、シャワーヘッドを外して
古いカートリッジを取り除きます。

水栓のレバーハンドルで水を止め、カートリッジケースを押さえながらシャワーヘッドを左に回して外します。
取り外したシャワーヘッドから、古いカートリッジを抜き取ります。その際、必ず樹脂部分を持ちながら抜き取るようにしてください。



[手順-2]
新しいカートリッジを
シャワーヘッドに差し込みます。

シャワーヘッドに新しいカートリッジを取り付けます。カートリッジの樹脂部分を持ち、カートリッジのOリング側からシャワーヘッドにまっすぐ差し込みます。カートリッジの活性炭部は強い力や衝撃が加わると、破損したり性能が発揮されないおそれがあります。手で触れることのないようにしてください。



[手順-3]
シャワーヘッドを元に戻します。

交換月プレートを4カ月後の表示に合わせ、カートリッジケースにシャワーヘッドをはめ、右に回して取り付けます。連結部の▲印が合わさっていることをご確認ください。
カートリッジケース内に水が残っている場合、水が飛び跳ねるおそれがありますので、必ず装着前にケース内の水を捨ててください。



[手順-4]
取り付け後、「浄水」で
約1分間水を流します。

新品のカートリッジは水になじんでいないため、浄水性能を十分に発揮することができません。取り付け後は「浄水」に切り替え、1分間水を流したあとにご使用ください。
※「浄水」では、水を止めた後しばらく水滴が落ちることがあります。これはカートリッジ内に残された圧力によって押し出される水であり、故障ではありません。